冷え性対策には、夏野菜よりも冬野菜がオススメ!

【ホットヨガ梅田】比較ランキング決定版、文章担当の「カオリ」です。
今回のテーマは「冷え性対策には、夏野菜よりも冬野菜がオススメ!」についてです。

冷え性の原因には、「食べるもの」も関係しています。
例えば、東洋医学では、体を温める食材を「陽」、体を冷やす食材を「陰」、その間の食材を「平」と分けています。
分類の方法は、収穫場所や旬などが関係しているのです。
例えば、暑い地方で収穫された野菜や果物、夏が旬のものは体を冷やす食材である場合が多いです。
そのため、冷え性の方は、夏野菜よりも冬野菜を積極的に摂取するのがオススメです。
特に、根菜類は体を温める効果が高いですので、積極的に食べましょう。
また、夏野菜を食べる場合は、温野菜にして食べるといいですよ。

今回のテーマは「冷え性対策には、夏野菜よりも冬野菜がオススメ!」についてでした。
これからの時期、夏野菜を食べる機会が増えますが、少し意識しながら冬野菜や根菜類を食べるようにすることで、夏の冷え性対策になります。
また、生姜やにんにくなども、体を温める効果がありますよ。
食事も大切ですが、運動を取り入れることも冷え性対策の1つです。
特にホットヨガは、血行促進の効果もあり、冷え性対策にオススメです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
ブログ




ブログ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ブログ