【冷え性対策】靴下を履いて寝るのは正解?不正解?

【ホットヨガ梅田】比較ランキング決定版、文章担当の「カオリ」です。
今回のテーマは「【冷え性対策】靴下を履いて寝るのは正解?不正解?」についてです。

冷え性の方は、手足など末端が冷えやすいですよね。
手足などの末端が冷えることで、布団に入ってからも、なかなか眠りにつくことができないという方も多いのではないでしょうか。
冷え性対策として、靴下を履いて寝てるという方も多いようですが、実は寝る時に靴下を履いたまま寝るというのは逆効果なのです。
今回は、寝る時に靴下を履かない方が良い理由について、ご紹介したいと思います。

【靴下を履いて寝るのは不正解!】

靴下を履いたまま寝ると、寝ている間にかいた汗が蒸発できず、逆に冷えやすくなります。
また、締め付けの強い靴下を履いていると、血行が悪くなるため、冷えの原因となってしまうのです。
さらに、靴下を履いて寝ることを習慣化してしまうことで、体温調整ができにくい体に変化する可能性もあります。
このような理由により、冷え性対策で、靴下を履いて寝るのは不正解だと言えます。

今回のテーマは「【冷え性対策】靴下を履いて寝るのは正解?不正解?」についてでした。
これまで冷え性対策として、靴下を履いて眠っていた方は、余計に冷えやすい体を作ってしまっていた可能性があります。
この機会に、靴下を履いて寝るのをやめてみましょう。
それでも改善されない辛い冷え性の方は、ホットヨガなどもオススメですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
ブログ




ブログ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ブログ