ホットヨガは手軽な有酸素運動として人気

ホットヨガは手軽な有酸素運動として人気

ホットヨガに関しては最近スタジオなどがどんどんできていることもあり、手軽な有酸素運動として人気があります。これらの手軽な有酸素運動としてはまず主婦層や女性層などに人気が高いのですが、中年などのメタボ対策や生活習慣病対策としての運動としても効果が高いとされています。主なホットヨガの効果に関しては、有酸素運動を温かいスタジオでやるために発汗効果や脂肪燃焼などに優れていたり、インナーマッスルを鍛えるために体幹バランスや歪み改善にも効果が高いという点があります。もちろん脂肪燃焼やインナーマッスルの強化によってダイエットの効率も高くなりますし、血行が促進されて肩こりやストレス改善など色々な健康に効果が高いのがホットヨガなのです。

ホットヨガは温かい室内で行うという特徴から、汗が出にくい体質や普段運動をあまりしない人にもおすすめできるのが嬉しいですね。簡単なストレッチは自分でもできますが、ホットヨガのジャンルになるとやはり専門のお店やジムなどに行って、しっかりとした設備と先生の指導を受けると色々な効果が高まります。またホットヨガですがヒーリングなどの精神面を重視していたり、体質改善を目標とした長期的なものなども存在しますので自分に合ったホットヨガジムやスタジオを探すのをおすすめします。最近だと無料体験レッスンなどがあるホットヨガジムやスタジオなども多くなってきてますし、インストラクターさんなども相性なども考えておくとより長く続けられるでしょう。このようにホットヨガは身体を様々な面から健康にしてくれる誰でも始めやすいジャンルなので、興味があったらぜひお試しください。

ホットヨガは高温多湿の環境で行うため発汗しやすく

ホットヨガは高温多湿の環境で行うため発汗しやすく、ヨガの効果をより高めるメリットがあります。
 ヨガは、ランニングや水泳よりも身体に負担が少ない有酸素運動として知られています。鼻で息を吸う長さよりも鼻から息を吐く長さを伸ばす腹式呼吸をしながら、20分以上筋肉に軽い負担をかけ続けることによって、脂肪燃焼の効果が出始めます。
 身体の活動で使う消費エネルギーよりも食事から得たカロリーが多くなると、体内の臓器を保護する内臓脂肪や体温を調節する皮下脂肪として身体に溜め込まれます。特にお尻・下腹部・二の腕が脂肪がつきやすい所です。ヨガの有酸素運動とホットヨガの発汗効果によって、消費エネルギーが増える基礎代謝力がアップすると、脂肪が分解されて活動エネルギーとして消費されるようになります。これが脂肪燃焼で、身体が引き締まってダイエット効果にも繋がります。
 ヨガのゆっくりした動きは、普段使わない身体の奥にある筋肉・インナーマッスルを収縮させ刺激する効果があります。血行を促しリンパ節を刺激するので、身体の余分な水分から起こるむくみを改善します。ホットヨガによる発汗も加わって、水分だけでなく代謝活動で不要となった老廃物や身体で溜まった毒素が、身体から尿や便となって排出されるデトックス効果もあります。便秘だけでなく、肩こりや腰痛も改善するのです。
 ヨガには、自律神経を整え副交感神経を高める働きもあります。ホットヨガによる、全身のゆるい運動と発汗による爽快感により心身ともにリラックスできるのでオススメです。

スポンサーリンク
ブログ




ブログ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ブログ