末端冷え性を放おっておくのは危険!体の不調に繋がることも!

【ホットヨガ梅田】比較ランキング決定版、文章担当の「カオリ」です。
今回のテーマは「末端冷え性を放おっておくのは危険!体の不調に繋がることも!」についてです。

末端冷え性は、冷え性の一種で、手足だけが極端に冷えるといった症状があります。
末端冷え性は特に女性に多くみられるのですが、あまり深く考えておらず、何も対策をせずに放おっているという方も多いようです。
しかし、末端冷え性の放置は体の不調に繋がることもあるため、大変危険です。
そこで、今回は、末端冷え性を放置したことで起こる可能性のある身体の変化について、ご紹介したいと思います。

【自律神経の乱れ】

まず、末端冷え性を放置することによって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、自律神経が乱れやすくなります。
自律神経の乱れは、耳鳴りや便秘、不眠やイライラの原因にもなりますので注意が必要です。

【免疫力の低下】

次は、免疫力の低下につながる可能性があるということです。
体温が1℃下がると、免疫力は3割も低下すると言われています。
つまり、末端冷え性のように、体温が低下している状態を放おっていると、免疫力が低下し、風邪などを引きやすくなるのです。

今回のテーマは「末端冷え性を放おっておくのは危険!体の不調に繋がることも!」についてでした。
今回ご紹介したように、末端冷え性を放置していると、様々な体の不調に繋がる可能性があるため、早めの対策が必要です。
ホットヨガは、体を温めながら運動を行なうことで、血流がよくなり、末端冷え性改善にも効果があります。
末端冷え性でお悩みの方は、この機会に、ホットヨガに取り組んでみられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
ブログ




ブログ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ブログ