カフェインの摂りすぎで肩こりになる!?

【ホットヨガ梅田】比較ランキング決定版、文章担当の「カオリ」です。
今回のテーマは「カフェインの摂りすぎで肩こりになる!?」についてです。

コーヒーやエナジードリンクに多く含まれているカフェインですが、実はカフェインを摂りすぎると肩こりになる可能性があるのです。
そこで今回は、カフェインと肩こりの関係について、ご紹介したいと思います。

【カフェインの摂りすぎは自律神経の乱れに繋がる】

カフェインの過剰摂取は、自律神経が乱れる原因になります。
自律神経が乱れることで、肩こりになりやすいのです。
そのため、カフェインを摂りすぎると肩こりに繋がってしまいます。
ただし、カフェインは適量であれば、疲労回復や集中力を高める効果、眠気を覚ます効果などメリットも多くあります。
ですので、カフェインは過剰摂取せず、適量にしておくようにしましょう。
ちなみに、一日のカフェイン摂取目安は、成人の男女で約400mg、一回の摂取は200mgまでとされています。
さらに、妊婦さんや授乳中の女性の場合は、一日に200mgまでに抑えるように推進されています。

今回のテーマは「カフェインの摂りすぎで肩こりになる!?」についてでした。
今回ご紹介したように、カフェインの過剰摂取は肩こりの原因となりますので、肩こりでお悩みの方は、カフェインの摂りすぎに注意が必要です。
カフェインの摂取を控えても改善されない肩こりの場合は、ホットヨガなどの運動を取り入れてみるのもオススメです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
ブログ




ブログ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ブログ