夜のクーラーが原因で肩こりに?

【ホットヨガ梅田】比較ランキング決定版、文章担当の「カオリ」です。
今回のテーマは「夜のクーラーが原因で肩こりに?」についてです。

最近は、だんだんと暑くなってきたため、夜クーラーをつけて寝ているという方も多いでしょう。
しかし、そのクーラーが原因で、肩こりを悪化させてしまっている可能性があります。
今回は、夜のクーラーが原因で肩こりになる理由について、ご紹介したいと思います。

【睡眠中は体の温度が低下する】

寝ている時、暑いと眠れないという方も多いですが、実は睡眠中は日中に比べて、体の温度が低下しているのです。
そのため、日中と同じ温度でクーラーを設定していると、体が冷えすぎてしまっている可能性があります。
体が冷えた状態で眠っていると、体調不良や筋肉の緊張に繋がり、その結果、肩こりが悪化してしまうのです。

今回のテーマは「夜のクーラーが原因で肩こりに?」についてでした。
今回ご紹介したように、夏場でも夜間のクーラーが原因で体が冷え、肩こりになってしまうことがあります。
夜、クーラーをつけて寝る場合は、日中の設定温度よりも1℃〜2℃高く設定するようにしましょう。
また、夏場でも体を冷やさないようにするには、ホットヨガなどもオススメです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
ブログ




ブログ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ブログ